Sunday, February 28, 2016

苫米地英人『原発洗脳』

アメリカに支配される日本の原子力

Tomabechi, H. (2013). Genpatsu sennō: Amerika ni shihaisareru Nihon no genshiryoku.

    洗脳で一番効果があるのは、恐怖を与えることです。
    計画停電で東電管内の国民は恐怖感を覚えました。「電気が来ないと、仕事ができない」「電気が来ないと、生きていけないかもしれない」「原発が止まると、大変なことになる」ということを刷り込まれました。・・・人を洗脳するときには、無意識下に特定の記憶としてのアンカーを打ち込みます。そのアンカーを思い起こさせるきっかけとなるのがトリガー(引き金)です。(p.52)

    原発ピラミッドの頂点に立つのは、アメリカの支配者です・・・反原発運動をしている人たちは、国会周辺、東京電力周辺でデモをしていますが、運動のターゲットが間違っています。(p.114)

    日本人は「属国」という言葉を嫌いますが、アメリカから見れば、日本はアメリカの若者の血で勝ち取った領土ですから、「属国」でしかありません。アメリカの議員たちは、日本を「属国」だと思っています。(p.119)

    [3・11フクシマと同じように、1995年の]サリン事件では、[アメリカ人だけでなく]ロシア、中国など世界各国のエージェントが日本にやってきて、みなデータを本国に持ち帰りました。(p.145) 

加藤 久雄 『人格障害犯罪者に対する刑事制裁論』

―確信犯罪人の刑事責任能力論・処分論を中心にして


Katō, H. (2010). Jinkaku shōgai hanzaisha ni taisuru keiji seisairon: Kakushin hanzainin no keiji sekinin nōryokuron, shobunron o chūshin ni shite. Tōkyō: Keiō Gijuku Daigaku Hōgaku Kenkyūkai.

高学歴のエリートと言われた者達は、拝金主義・出世主義に溺れ、経済犯罪や[編者註:集団ストーカー犯罪を含む]ホワイトカラー・ブルーカラー犯罪に走り、その大人達の鑑である子供達は、「繁栄の落し子」として、遊ぶ金ほしさに、「いじめ」や恐喝、万引あるいは[集団ストーカー犯罪を含む]エピソード非行や遊び型非行・犯罪が増加した。(p.8)

「強制入院の正当化根拠」には・・・医師2名の医学上の判断だけでは、強制的な自由剥奪の正当化根拠としては根拠薄弱といえよう。
また、都道府県知事の行政裁量による自由剥奪を伴うような強制処分(措置入院)には、医学上の根拠だけでは、憲法13条(個人の尊重・幸福追求)、18条(奴隷的拘束及び苦役からの自由)、31条(法的手続きの保証)、32条(裁判を受ける権利)、・・・34条(不拘禁に対する保障)などの諸条文に違反するおそれがある。また、場合によっては、例えば、「不法に人を逮捕し監禁した」場合には刑法220条の「逮捕及び監禁罪」になるし、「脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合には刑法223条の「強要罪」に該当する場合もありうる。

・・・しかし、大谷教授は・・・「[編者註:催眠強姦や公金横領、集団ストーカー犯罪がやめられない反社会性人格障害等を含む]精神障害者の犯罪を防止すること自体が保護の一種であるとも考えられるのであるから・・・[催眠強姦や集団ストーカー犯罪がやめられない人格障害者などを保護する]強制入院の反射的な利益として社会の安全が守られるのだと考えるべきであろう。」としておられる。(p.153)

 北九州医療刑務所は・・・法務省矯正局が作成した「性犯罪者処遇プログラム」の一部を活用し、独自に、精神科医師・心理職・教育担当職員によって指導を実施している。
 知的障害のレベルにある者には、「認知行動療法」の技法を用いたプログラムの理解が困難なため、現在、同施設で実施している対象者は狭義の精神障害のない初犯の受刑者に限られているが、彼らもある意味では性嗜好異常を病む病者である。(p.193)

安倍幾多郎 『集団ストーカー認知・撲滅』

Abe, K. (2014). Shudan sutoka ninchi bokumetsu. Paredo.

1 はじめに

集団ストーカー犯罪システムは新たな犯罪形態ではなく、少なくとも40年以上前から存在しています。・・・現在、被害者の数はすでに1,200名を越えており、年々増加の傾向にあります。・・・あなたに不幸や不運が続くのは単なる偶然ではありません。・・・市民生活の安全と安心を確保するためには、まず「集団ストーカー犯罪システム」を社会に認知して頂く必要があります。(p.10)


4  海外での状況

 同じ手口の集団ストーカー犯罪は世界的に同時進行していることが確認されています。・・・スノーデン氏はアメリカ国家安全保障局による個人情報収集の手口を告発しました・・・この盗聴はコードネーム「PRISM(プリズム)」と名づけられ・・・集団ストーカー被害者は、このコードネーム「PRISM(プリズム)」によって情報が収集されているため重要な個人情報が筒抜け状態のです。この情報をさらに加害者側が利用し複合攻撃をターゲットに仕掛けることは容易に想像できます。
 以前から被害者の間では、エシュロン(Echelon)が利用されているという情報がありました。・・・ドイツメルケル首相の携帯電話盗聴事件も話題になりました。(p.20)


加害者による内部告発(殺人)

2ちゃんねる掲示板に「自殺を促す仕事に関与した私の懺悔」という加害者と思われる書き込みがありました・・・

「情報収集の結果・・・・我々工作員はこの2つの情報から以下の工作を行うことにしました。・・・・ターゲットは、その後ビルの屋上から飛び降り自ら命を絶ったそうです。運悪く最後にターゲットに不幸を働きかけたのはこの私だったのです。この人を殺したという罪の意識にさいなまれここ(2ちゃねんる)へ書き込みました。多くの人達、特に若者達にこの事実を記憶の片隅にでも置いて頂いて、 殺人などの不幸を助長する仕事に手を染める悲劇を未然に防ぐ事だと 気付いたので生硬ではありますがこの文章を書きました。 この文章が官僚の目に留まり国に働きかけてこのような悲惨極まりない仕事を日本から追放してくれることを心から願っています。」(p.p.58-59)