Friday, August 4, 2017

Gadit, "Terrorism and Mental Health"

Terrorism and Mental Health: The issue of psychological fragility

Amin A. Muhammad Gadit  ( Discipline of Psychiatry, Memorial University of Newfoundland, St. John's, NL A1B 3V6 Canada. )

...There are reports of a new and dreadful invention of weapons of violence that are called Bio-electromagnetic Weapons. According to the description by an Institute of Science in Society, these weapons operate at the speed of light, can kill, torture and enslave without making physical appearance. It further adds that voices and visions, daydreams and nightmares are the most astonishing manifestations of this weapon system, it is also capable of crippling the human subject by limiting his/her normal range of movement, causing acute pain the equivalent of major organ failure or even death and interferes with normal functions of human senses. It can cause difficulty with breathing and induce seizures besides damage to the tissues and organs.

Through this form of terrorism, it is possible to persuade subjects that their mind is being read; their intellectual property is being plundered and can even motivate suicide or murder.
Pulsed Energy Projectiles (PEPs) are another form of weaponry that is used to paralyze a victim with pain. According to Peter Philips, a scientist from USA, circumstances may soon arrive in which anti-war or human right protestors suddenly feel a burning sensation akin to touching a hot skillet over their entire body. Simultaneously they may hear terrifying nauseating screaming, which while not produced externally, fills their brains with overwhelming disruption. This new invention is dreadful addition to the armamentarium of weapons of abuse and torture. Manifestations of the effects of these occult weapons can mimic mental ill health and add further to the misery of the victims.

The potential threat from use of biological warfare agents is more devastating as they are not detectable before the attack and can lead the possible victims to a state of constant vigilance and anxiety.

Full Text: http://jpma.org.pk/full_article_text.php?article_id=1837

日経テクノロジー『壁を「透視」して人の動きを検知』

野澤 哲生=日経エレクトロニクス 2013/07/04 19:27

壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現

米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は、同大学の研究者が、無線LAN(Wi-Fi)の電波を用いて動く人間を検知するシステム「Wi-Vi(Wi-Fi Vision)」を開発したと発表した。コンクリートの壁の向こう側にいる人の動きを知ることができる。近い将来、安価な対人レーダーとしてさまざまな用途に利用できるようになる可能性が出てきた。

…壁の向こうに人がいるかどうか、そして何人いるかもある程度分かる・・携帯機器に実装して利用すれば、自分を物陰に隠れながら尾行する人の検知も可能になるという。

さらには、壁越しのコミュニケーションやジェスチャーでの家電の操作にも利用できるという。
 MITによれば、既に米Microsoft Researchの研究者がこの点に注目しているという。既存のKinectなどで用いられているジェスチャー入力機能は、赤外線を用いており、利用者が機器の正面にいなかったり障害物があったりすると利用できなくなる。Wi-Fiの電波でジェスチャー入力が実現すれば、ジェスチャー入力の用途の幅が広がるのだという。

記事全文:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130704/291005/?rt=nocnt

原田宏二『警察内部告発者』

Harada, K. (2005). Keisatsu naibu kokuhatsusha =: Whistle blower. Tōkyō: Kōdansha.

 一九七七年ごろから全国各地で発生した北朝鮮工作員による日本人拉致事件は、本来こうした犯罪を取り締まり検挙する外事警察の仕事である。しかし、日本の外事警察は、じつに無能だったのである。外国の犯罪行為は、多くの善良な国民の運命を変え命をも奪ったのだ。警察はいったい何をやっていたのだと批判されても仕方がないだろう。(p.p.301-302)

 警備・公安警察は、情報収集活動においては非合法な手段を取ることも辞さない。私自身、警備・公安警察の経験者から「情報収集のために密かに他人の家に侵入したり、書類を盗み出したりした」という話を幾度も聞いたことがある。

…彼らは、刑事を"泥ケイ"といって内心さげすんでいる。泥棒の一人や二人を捕まえたとしても、国の安全とはなんの関係もない。自分たちは、国の安全を守っている、という自負が彼らにはあるのだ。しかし彼らは事件の検挙に必要な実務能力という点では明らかにレベルが低い。(p.p.303-304)

Friday, July 28, 2017

What is Gaslighting?

Gaslighting is a form of manipulation that seeks to sow seeds of doubt in a targeted individual or members of a group, hoping to make targets question their own memory, perception, and sanity. Using persistent denial, misdirection, contradiction, and lying, it attempts to destabilize the target and delegitimize the target's belief.

ガスライティング(英: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。

Gaslighting may be experienced by victims of school bullying [ガスライティングを学校のイジメ被害者が受けることもある]– when combined with other psychological and physical methods, the result can lead to long-lasting psychological disorders and even progress into illnesses such as depression or avoidant personality disorder [その結果、鬱や対人恐怖症など精神疾患に至る可能性がある].

Sociopaths and narcissists frequently use gaslighting tactics. Sociopaths consistently transgress social mores, break laws, and exploit others, but typically also are convincing liars, sometimes charming ones, who consistently deny wrongdoing. Thus, some who have been victimized by sociopaths may doubt their own perceptions.


心理学者のマーサ・スタウトは、ソシオパス[反社会性人格障碍者]はよくガスライティングの手法を使うと述べている。ソシオパスは、絶えず社会的道徳規範から逸脱し、法を破り、他人を食い物とするが、概して表面上は魅力的で、巧みな嘘つきであり、犯罪に関わるようなことはしない。従って、ソシオパスの犠牲者になっている人は自分の認識能力を疑ってしまうことがある。

Gaslight (1944) Official Trailer


Instances may range from the denial by an abuser that previous abusive incidents ever occurred up to the staging of bizarre events by the abuser with the intention of disorienting the victim. The term owes its origin to a 1938 play Gas Light and its 1944 film adaptation. The term has been used in clinical and research literature, as well as in political commentary.


「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんでいる。現在この用語は、臨床および学術研究論文でも使われている


https://en.wikipedia.org/wiki/Gaslighting

Retreived from Wikipedia on July 28, 2017.

Sunday, July 23, 2017

Gage, "How to Control Someone Else's Arm With Your Brain"

「あなたの脳波で他人の腕を操る」 TED実験ショー
"Greg Gage is on a mission to make brain science accessible to all. In this fun, kind of creepy demo, the neuroscientist and TED Senior Fellow uses a simple, inexpensive DIY kit to take away the free will of an audience member. It's not a parlor trick; it actually works. You have to see it to believe it."

https://www.ted.com/talks/greg_gage_how_to_control_someone_else_s_arm_with_your_brain






河合隼雄・中沢新一『ブッダの夢』

Kawai, H., & Nakazawa, S. (2001). Budda no yume: Kawai Hayao to Nakazawa Shin'ichi no taiwa. Tōkyō: Asahi Shinbunsha.

中沢 アングロサクソンって、犯罪にかけては天才的でしょう。犯罪者が、自分の犯罪はたしかに世間には表沙汰にならないようにする。なぜ表沙汰にならないようにするかというと、自分がこれからも大好きな悪を犯すのに、障害物となるような、よそからちゃちゃを入れてもらいたくないんでしょう。だから隠れてやるけれども、それでいざ見つかった時には、「私はたしかに人殺しが好きなんです」って。切り裂きジャックとか、ああいうセンスがあるんです。賢治の「[毒もみのすきな]署長さん」は、今のイギリスやアメリカの連続猟奇殺人魔とかああいう人たちの心理に通じている、強烈な悪を堂々と主張するところが、これは日本人ばなれしていると思います。
(p.53)

Saturday, July 1, 2017

綱渕輝幸『超臨界: 暴発4秒前:ハイテク社会への警鐘』

Tsunabuchi, T. (2011). Chōrinkai: Bōhatsu yonbyōmae haiteku shakai eno keishō. Tōkyō: Kōgakusha.

第1章 原子力発電所の暴発で日本国が滅ぶ

『地震兵器』と原発

『地震兵器』、それが確信に変わったのは、HAARPが2000年からは権威ある防衛情報雑誌「ジェーン・ディフェンス・ウイークリー」に(従来兵器技術と質的に異なる新型)兵器」として分類されたからです。

*HAARP
 ...気象改変や地震励起だけでなく、人間の脳波に近似の極低周波で世界中の人々をマインドコントロールできる研究も含まれる。潜水艦とのELF(極低周波)通信や電磁パルス兵器(EMPW)によるミサイル防衛電磁壁やバンアレン帯の放射線の強度操作にも関係。


ロザリー・バーテル博士『HAARP計画の背景』(1996)
「自分たちがすでにもっている能力(気象兵器・HAARP・地震兵器)を棚に上げて、他者(ロシアなど)を批判するのは、軍の常套手段だ」


1997 アメリカ国防長官ウイリアム・S・コーエン講演録
「…特定作物を狙い撃ちにする(病原菌)技術や昆虫を開発する動きもある…電磁波で遠くから火山の噴火や地震を人為的に起こしたり、気候を変えたりする環境テロに手を染める者たちもいる…多くの優秀な頭脳が、他国を恐怖に陥れる方法を探している。これは現実に起こっている…」


原子炉は巨大な核爆弾

アメリカ国防情報センターのユージン・キャロル司令官は、原発の軍事的な意味として、「敵地に核爆弾を持っていく必要はない。敵の核施設を手に入れたら、そこにすでに巨大核爆弾があるではないか。そこを通常爆弾で攻撃すれば核爆弾に変わる」と発言したといいます。(p.88)

第5章 顕在化する『電磁波問題』


エシュロン(ECHERON)

「エシュロン」は、アメリカが中心となり、英語圏5ヶ国(アメリカ・英国・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア)が秘密協定で運用しているもので、特定の企業や個人の情報収集および軍事情報収集のために約10万人以上もの数学・語学・電子工学・遺伝子工学などのプロと軍人が従事していると言われます。

...巨大パラボナ・アンテナ・ドームが、日本はもちろん、EUなど世界11ヶ国に設置されています。スーパーコンピューターを駆使し、1秒間に2百万回線以上もの通信内容を傍受できると言われています。
イラク戦争が終結した直後のアメリカ駐留軍が行った最大の優先作戦は、「エシュロン」アンテナ・ドーム基地の建設でした(イラク基地:12ヶ国目に当る。)


...日本は、自らが提供している基地の「エシュロン」設備(三沢基地など)と国会議事堂の真上数万㎞にあるスパイ衛星などによって常に監視されています。(p.143)

電磁波の人体への影響

私たちの肉体は、70%が水分で構成され、振動するエネルギー体です。子供の脳は、90%が水分で構成されていると言われています。
電子レンジが商品化された初期に多発したのは、漏れた電磁波で被爆した人が、自覚症状がないままに目の障害(白内障)や手の細胞壊死(一種の火傷)を引き起こした「事故」でした。単なる「温熱効果」だけでなく、被曝したのです。(p.173)


1996年、アメリカのユタ大学が公表した電磁波の脳への影響画像は、驚愕の事実でした。携帯電磁波は、「幼いこどもの脳ほどその貫通力が強い」のです。2000年に、イギリス政府が緊急勧告として「15歳未満の子供の携帯電話使用は危険」を出したとき、日本政府はまったく反応しませんでした。
(p.174)

Saturday, June 17, 2017

White Terror「白色テロ」の系譜

Genealogy of White Terror

Terreur blanche (France)

L'expression de terreur blanche1, employée en référence à la Terreur de la Convention montagnarde, désigne les périodes de répression exercées généralement par des royalistes, dont la couleur emblématique est le blanc, contre leurs opposants.
La première « terreur blanche » se déroule dans le Sud-Est de la France, dans la vallée du Rhône, en 1795 où elle fait sans doute 2 000 morts2. En 1815, des groupes royalistes se livrent à des assassinats ou des massacres de militants, de personnalités révolutionnaires, de bonapartistes et de libéraux, avec la complicité des autorités qui mènent une répression légale.


The White Terror was a period during the French Revolution in 1795, when a wave of violent attacks swept across much of France. The victims of this violence were people identified as being associated with the Reign of Terror - followers of Robespierre and Marat, and members of local Jacobin clubs. The violence was perpetrated primarily by those whose relatives or associates had been victims of the Great Terror, or whose lives and livelihoods had been threatened by the government and its supporters before the Thermidorean Reaction.


Бе́лый терро́р

в Росси́и — совокупность крайних форм репрессивной политики антибольшевистских сил во время Гражданской войны (1917—1922), включающих принятие органами власти репрессивных актов и их практическую реализацию в виде радикальных мер, направленных против представителей советской власти, большевиков и сочувствующих им сил. К «белому террору» относятся и репрессивные действия вне рамок какого-либо законодательства со стороны военных и политических структур антибольшевистских движений различного толка. Отдельно от этих мер Белым движением применялась система превентивных мер террора как акции устрашения по отношению к сопротивляющимся группам населения на контролируемых им территориях в условиях чрезвычайных обстоятельств.

The White Terror in Russia refers to the organized violence and mass killings carried out by the White Army during the Russian Civil War (1917–23). It began after the Bolsheviks seized power in November 1917, and continued until the defeat of the White Army at the hands of the Red Army. The White Army had support from the Triple Entente and fought the Red Army for power, which engaged in its own Red Terror. According to some Russian historians, the White Terror was a series of premeditated actions directed by their leaders, although this view is contested by others. White Terror in Russia is estimated to have killed about 300,000 people in total.
臺灣白色恐怖時期


臺灣白色恐怖時期,指中國國民黨主政的中華民國政府在臺灣進行的白色恐怖統治,期間從1949年5月20日至1991年5月22日為止。中華民國臺灣省政府主席兼臺灣省警備總司令陳誠頒布《臺灣省戒嚴令》,宣告自1949年5月20日起在臺灣省全境實施戒嚴。同年5月24日經由立法院三讀通過《懲治叛亂條例》,為針對中國共產黨叛亂的特殊狀況,防止中國共產黨在臺灣的擴散,但事實上,國民黨政府卻藉此「特別刑法」剷除異己、鞏固威權體制的領導中心,對於批評或反對國民黨者、持不同政見者(如主張臺灣獨立、左翼等等)進行整肅迫害,任意冠上意圖顛覆政權之罪名,將刑罰範圍極度擴張。臺灣警備總司令部等情治單位藉由特別刑法充當政府整肅異己的工具,罔顧基本人權、民主、自由等、無所不在隨時隨地監控人民,對言行可疑人士或持不同政見者炮製假案、予以扣上匪諜的帽子,在全國各地濫捕、濫殺、刑求毆打及沒收財產,造成大量的冤死、冤獄、傷殘,人民的生命、財產、健康,以及心靈上遭受嚴重損害。

The term "White Terror" in its broadest meaning refers to the entire period from 1947 to 1987. Around 140,000 Taiwanese were imprisoned during this period, of which from about 3,000 to 4,000 were executed for their real or perceived opposition to the Kuomintang (KMT, Chinese Nationalist Party) government led by Chiang Kai-shek. Most actual prosecutions, though, took place in 1950–1952. Most of those prosecuted were labeled by the Kuomintang as "bandit spies" (匪諜), meaning spies for Chinese communists, and punished as such.


Stasi

Das MfS wurde am 8. Februar 1950 gegründet und entwickelte sich zu einem weitverzweigten, personalstarken Überwachungs- und Repressionsapparat, dem im Jahr 1989 etwa 91.000 hauptamtliche Mitarbeiter und rund 190.000 Inoffizielle Mitarbeiter (IM) angehörten. Letztere wurden aus allen Bevölkerungskreisen, teilweise mit Druckmitteln, als Spitzel angeworben. Innenpolitisch hatte das MfS Schutzfunktion staatlicher Organe und Personen. Aus der DDR-Bevölkerung gerieten Menschen ins Visier des MfS, wenn Verdacht auf politischen Widerstand gegen die SED, Spionage oder Republikflucht bestand. Methodisch setzte das MfS dabei Observation, Einschüchterung, Inhaftierung, sowie die sogenannte Zersetzung gegen Oppositionelle und Regimekritiker („feindlich-negative Personen“) als Mittel ein. In den 1950er Jahren wurde in Stasi-Gefängnissen noch physische Folter angewandt, später wurde mit ausgeklügelten psychologischen Methoden gearbeitet. In den 1980er Jahren bildete die Stasi wiederholt Terroristen der Rote Armee Fraktion (RAF) im Umgang mit Waffen und Sprengstoffen aus.

One of its main tasks was spying on the population, mainly through a vast network of citizens turned informants, and fighting any opposition by overt and covert measures, including hidden psychological destruction of dissidents (Zersetzung, literally meaning decomposition). Its Main Directorate for Reconnaissance (German: Hauptverwaltung Aufklärung) was responsible for both espionage and for conducting covert operations in foreign countries.


COINTELPRO

COINTELPRO (a portmanteau derived from COunter INTELligence PROgram) was a series of covert, and often illegal, projects conducted by the United States Federal Bureau of Investigation (FBI) aimed at surveilling, infiltrating, discrediting, and disrupting American political organizations.
FBI records show that COINTELPRO resources targeted groups and individuals that the FBI deemed subversive, including anti-Vietnam War organizers, activists of the Civil Rights Movement or Black Power movement (e.g., Martin Luther King, Jr. and the Black Panther Party), feminist organizations, independence movements (such as Puerto Rican independence groups like the Young Lords), and a variety of organizations that were part of the broader New Left. White supremacist groups, such as the Ku Klux Klan, were also targeted.
FBI Director J. Edgar Hoover issued directives governing COINTELPRO, ordering FBI agents to "expose, disrupt, misdirect, discredit, neutralize or otherwise eliminate" the activities of these movements and especially their leaders. Under Hoover, the agent in charge of COINTELPRO was William C. Sullivan. Attorney General Robert F. Kennedy personally authorized some of the programs. Although Kennedy only gave written approval for limited wiretapping of Martin Luther King's phones "on a trial basis, for a month or so", Hoover extended the clearance so his men were "unshackled" to look for evidence in any areas of King's life they deemed worthy.


Retrieved from "Wikipedia" on June 19, 2017.

Wednesday, June 14, 2017

DVD『原子力戦争』

原作者・田原総一朗氏インタビューより

田原:東京電力が福島原発を作ったとき、そのときには、周囲の例えば浪江とか、あるいは大熊とか、あるいは双葉とか、こういった地域民を買収してるんですよ。・・買収なんですね。だから原子力が安全か危険かなんて論争が全然ない。・・その買収の実態と・・国と電力会社が、どうムラで癒着しているかは絶対秘密でしたから・・そこんとこを取材すれば、相当・・身の危険を感じました。現に脅迫メールもたくさん来ましたからね。

Tuesday, May 23, 2017

Rashke『カレン・シルクウッドの死』

Rashke, R. L., Miwa, T., & Inoue, R. (1984). Karen shirukuuddo no shi (The Death Of Karen Silkwood). Tōkyō: Shakai Shisōsha.

スルージーはシーハンとデイビスに向かって、最近ホテルに泊まっていた時、誰かが部屋に押し入ろうとした事件について話した。・・・その時シーハンはこれがわなだということに気付いた。・・・彼女が危険にさらされているといわせるように会話を持っていこうとしていたのだ。(p.212)

「組合の役員全員が、嫌がらせを受けていました。ひどい目に合わされていましたよ」
…スミスは答える。「カレンは嫌がらせされました。彼女のボス、ジェリー・シュレーバーが私に話してくれたんです。(p.232)


「従業員が反原発であるかどうか確かめるため、ただポリグラフにかけるだけでなく、他の方法も使っていた、というのはほんとうなんですね?」
「はい、そうです。」
「どういった方法だったか教えてくれますか?」
「面接です・・・一人ひとりです」(p.255)



Karen Silkwood Biography              

Sunday, May 7, 2017

Curtis, et al『原子力その神話と現実』

Curtis, R., Hogan, E. R., Takagi, J., Kondō, K., & Aki, Y. (2011). Genshiryoku sono shinwa to genjitsu (An examination of nuclear power's safety, economics, and political record). Tōkyō: Kinokuniya Shoten.

原子力―神話と現実

神話 原子力開発計画で死んだものはいない〕

 カレン・シルクウッドは・・一九七四年の半ばにカー・マギー[プルトニウム製造工場]の安全規則違反行為や不法行為に関するデータ集めを開始した。11月にはデータを集め終え資料を完成していたが、同じ頃彼女のアパートがプルトニウムで汚染していることも判明した。身の危険を感じたカレンは、一九七四年11月13日、UOCAWの幹部と「ニューヨーク・タイムズ」紙の記者に会おうとして出かけたが、約束の時間に現れることなく、メチャメチャに大破した車のなかで死体となって発見された。おまけに問題の資料は忽然と消え、いまなおみつかっていない。・・何者かに追突されたというのが民間の調査機関の結論だった。

・・彼女の遺族はカー・マギー社に対する民事訴訟で、史上最大の補償金二億ドルを最近かちとった。
不幸なことに、以上の例はけっして特異なケースではない。あまりにも多くの人々が原子力の犠牲になって死んでおり、これからももっと多くの人々が犠牲になるであろう。(p.68)


隠れる場所とてなく

  不注意や作為によって放射能の容器が破損して漏れ出すことの他にも・・紛失が起こるし、盗難も起こっているのだ。
・・・ L・グッドマンが六七年に語ったところによると、彼が作った表には当時すでに放射性の燃料カプセル八八本の紛失ないし盗難が挙げられている。


 紛失したものが見つかった例もある。一九六二年の三月、H・エスピンドラという名の少年が、メキシコ・シティの郊外のゴミ棄て場で遊んでいて、ある容器をみつけて、蓋をこじ開けた。なかには放射性コバルトのペレット七個が入っていたが、原子力技術者が以前に失くしたものだったろう。この容器は、エスピンドラの家の飾り物となった。四月一七日におばあさんのO・イバラが、台所のコップが着色しているのに気付いた。二九日に少年は死んだ。母親も七月一九日に死んだ。死因が判明し、カプセルは七月二二日に取り除かれた。しかし、その後も八月一八日に少年の姉が、一〇月一五日にはおばあさんが死んだ。(p.p.127-128)

 
 かつては極秘にされた原爆の製造法も、ずっと昔に公表されている。かつて数年間ペンタゴンの原爆設計・試験計画の責任者であった核物理学者T・テイラーが次のようにコメントしている。「私が最初の原爆を作ったときから、あまりに簡単に出来すぎることが私を悩ませていた」。
・・原爆を持たない国が秘密の施設で、横流しの物質を使って核兵器を作る可能性は、信頼できる筋が既に指摘していることだ。
 大学程度の物理学の知識があれば、初歩的な原爆を作り得ることは明らかだ。数年前、プリンストンの大学生が原爆の設計図を連邦政府に提出してこの点を立証した。(p.p.129-130)


Thursday, May 4, 2017

加藤久晴『原発・テレビの荒野 : 政府・電力会社のテレビコントロール』

Katō, H. (2012). Genpatsu, terebi no kōya: Seifu, denryoku-gaisha no terebi kontorōru. Tōkyō: Ōtsuki Shoten.

関西電力の監視

電力会社側に立って、堂々(?)と報道を監視している局もあった。
1972年当時の関西テレビ(フジテレビ系列)であるが、マスタールームには次のような掲示が、目立つように張りつけてあった。
「左記の三項目のニュースの場合、関西電力は番組提供を行わない。
1. 関西電力を含む電力会社の設備事故。
2. 加害者が関西電力の場合の人身事故。
3. 電力会社が公害訴訟ならびに損害賠償訴訟の被告となる場合。ただし、大阪府の公害対策審議会、関西電力側の公害対策に関する談話は含まない」」

当時、関西電力は、公害反対運動や原発反対運動の対策に頭を痛めていたので、こうした運動を扱ったニュースについては一切の報道まかりならぬ、ということなのだろう。(p.p.84-85)

**********************
なぜ助手のままなのか


記者が聞きにくいことを小出[祐章]氏に聞く。
「なんで先生は助手のままなんですか?」
「ここは京都大学という国立大学の一部なんです。日本政府は原発を推進しているので、国の機関にいる人間が国にたてついているのがあまりおもしろくないのでしょう」(p.208)


**********************
パージされる芸能人


[忌野清志郎は]1988年、『サマータイムブルース』を東芝レコードから出そうとしたところ発売中止を申し渡された。“原発いらねえ、ミルク飲みてえ”などの部分が引っかかったのだ。・・忌野清志郎が亡くなると、たくさんのラジオ局やテレビ局が追悼番組を放送したが、どの曲も『サマータイムブルース』を流していない。(p.p.226-227)

**********************
山本太郎を抑え込む構成


山本太郎は2011年4月9日のツイッターに、「黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ」、と書き、反原発の意思表示をしたのだが、そのあと7月から出演予定のテレビドラマを降ろされ・・仕事は宣言以前と比べると10分の1に減った。それでも山本は活動を止めずチェルノブイリにも出掛けた。(p.p.229-230)

久保文明,有賀夏紀編著『個人と国家のあいだ : 家族・団体・運動』

Kubo, F., & Aruga, N. (2007). Kojin to kokka no aida: Kazoku dantai undō. Kyōto: Mineruvua Shobō.

謎めいた死を遂げた原子力発電所の告発者シルクウッド

大企業の恐ろしさと内部告発者が味わう不条理な苦難につき国民的理解の形成を助けるヒロインとなったのは、カレン・シルクウッドであった。
・・・一九七四年九月に、自身の数度にわたる被爆[原文ママ]体験や組合運動との関係もあって、シルクウッドは、自らが働くオクラホマ州の原子力発電所における職場の安全管理がきわめて悲惨なものであることを原子力エネルギー委員会で証言した。・・危険を冒してその証拠を集め、それを持って『ニューヨークタイムズ』の記者に会うために家を出たシルクウッドは、謎めいた自動車事故で死亡するに至った。彼女が携えていたはずの証拠が発見されなかったことは、その死因につき深い疑惑を残した。
(p.140)

Monday, April 24, 2017

鎌仲ひとみ『HIBAKUSHA』(Movie)

Kamanaka, H., Koizumu, S., Kawaida, H., Iwata, M., Iezuka, S., Heemann, C., & Group Gendai Films. (2006). Hibakusha: Sekai no owari ni. Tōkyō: Gurūpu Gendai.

"We will go to so called "Death Mile"in a minute, and I will explain to you the health histories of each one of those families in one mile. We are very close friends of mine.

My mother suffered cancer, my father died of cancer, my two sisters have been fighting cancer for ten years. I was parallized when I was a child. I had cnacer removed from my skin, we always had alergy problem of blood running out of noses, and uhh general poor health. My teeth fell off when I was five years old. I cannot remember all of them, but my health picture is covered in a book.

This farm from here is Mr. and Mrs. Lee. He died of cancer. She is fighting cancer right now, and they have four sons, and one of the boys is dead from cancer. That is all I know about him.

On the right hand side here, that house is gone also. A man named..uhh..Mr. Barth, they had a house right here with this road. There is no house any more now. Mrs. Barth gave birth to a deformed baby, and she drowned her baby in the bathtub, and committed suicide. She cut her wrist, and killed herself here. [バース夫人は奇形児を出産後、赤んぼうをふろで溺死させ、自分も手首を切り自殺した。]

And this lady here, Mrs. Holmes, she got bone cancer, and was really fast, that killed her really fast, and her little two daughters take thyroid medication. They do not live there anymore. All these people are gone." (Tom Bailey, Hanford, U.S.A.)
*********************

"My wife had thyroid cancer, too, and there is a problem with health in our family, you know. She had a surgery and cancer removed, but still suffers from medication through her thyroid defciency."
(Terry Bailey, Tom's brother, Hanford, U.S.A.)


[プルトニウム製造工場の風下で]テリーの作る牧草のおよそ半分が日本に輸出されています。[Half of the meadow that Terry produces down-wind of the plutonium factory is exported to Japan.]

**********************
肥田医師: [米軍占領中]広島の生き残った医者がね、たくさんの生き残った被爆者を診るのに病気がわからない。[放射能による病気について]、ABCC(原爆障害調査委員会)は、よく知っているわけだから、教えてくれって頼んむんだ。[でも]全然教えてくれない。

Dr. Hida (MD): ABCC (Atomic Bomb Casualty Commission) did not help us [in Hiroshima]. They examined only.
Tom Bailey: Only watching!? Watching and write on paper...not treating!? Wow! That makes me feel uncomfortable.


Dr. Hida: I was arrested four times [by the U.S. Occupational Army].
Tom Bailey: Four times!? By American Occupations? For asking for medical information [concerning radiation-caused diseases]?
Dr. Hida: Yes.
Tom: Wow!

Saturday, April 22, 2017

齊藤真『関西電力反原発町長暗殺指令』

Saitō, M. (2011). Kansai denryoku hangenpatsu chōchō ansatsu shirei. Tōkyō: Takarajimasha.

誰がやったか分からない殺し方

「凶器は、犬や・・・犬はワシら主人の言うことは、何でも聞くからな・・”絶対に誰がやったか分からない方法”というのは、犬のことや。原発の警備につこうとる、殺傷能力はピカイチの犬や・・犬を使って喉元喰いちぎらせるちゅうことや。殺(や)ってしもうた犬を捕獲しても、犬は誰の命令か言えへんもんな・・『犬が突然凶暴になってやってしもうた』と言えば、なんの証拠もあらへんし、ワシらは大丈夫や・・」(p.86)

完全に殺人未遂の告白ではないか!

「一番ええんは、町長が外で一人きりの時・・けど、なかなかそういうシーンには出逢えないんや・・だから・・ワシが凶器になったろうと思ったんや・・」
「ということは、矢竹さんが直接町長を殺ろうとしたわけ?」
「そういうこっちゃ。犬に殺らせるのはもどかしい。直接、ワシが殺ってやろうやないか、ということや」
 これは完全に殺人未遂の告白ではないか・・
「ストーカー、言うんか?そんな感じで、町長の出没するところをいろんな人間にさりげなく聞いてな、あちこち行ったり、張り込んだりしたんや。もし、二人だけになった瞬間があれば、ワシやっとった、思う・・・」
「どうしようと思ったんですか?」
「木刀忍ばせて、張り込んだり、隠れたりしたんや」
 矢竹は愛車の助手席にいつも木刀を忍ばせていたという。町長を見つけたらすかさず襲撃するために、である。
(p.p.91-92)

産経記者の奇妙な動き

「齊藤さんの記事は、どこの(新聞)社も、後追いしないと思いますよ」
・・“この記者は、これから言おうとしていることのために、ここまで来たのか。オレがここ[福井県]にいる間に、急いで・・・”
「『世田谷[一家殺人事件 侵入者たちの告白]』の件があるから、齊藤さんの記事では動きませんわ」(p.195)

公安警察のような行動確認

その人の持つ、曰く言い難い“雰囲気”というものがある。だれもが有するが、誰もそれを打ち消すことはできない。産経新聞のOという記者がまとっていたそれには、権力者の独特な臭味がしみついていた。それは例えばハムなどと言われる公安刑事が持つ、それのような雰囲気である。
結局、O記者は記事を書いていない。初めから書く意思がなかったのではないか?産経新聞は、福島第一原子力発電所の事故後、全国的に募る放射能汚染への危機感に対して、火消し役を買って出るような記事を一面トップに掲載している。東京電力擁護の論説も載せている。(p.213)

Friday, April 21, 2017

『反原発へのいやがらせ全記錄: 原子力ムラの品性を嗤う』

In Kaido, Y. (2014). Han genpatsu e no iyagarase zenkiroku: Genshiryokumura no hinsei o warau = The Series of disturbance against antinuclear power movement : ingloriousness of Japan's nuclear power village.

動燃の反原発運動対策と夫の謎の死をめぐって

1995年12月8日・・「もんじゅ」で発生したナトリウム漏えい事故。・・動燃による事故の様子を撮影したビデオ隠しが問題となったが、この問題に絡んで一人の動燃職員が命を落とした。・・妻のトシ子さんは、成生さんの死因が自殺とされたことに疑問を持ち、夫の死の真相を求めて、動燃を相手取って訴訟を闘ってきた。(p.73)


遺書にあきらかに別人の文字。考えられない誤字も

西村 霊安室で警察官から「遺書です」と言って渡されたました。遺体は殴られたみたいになっているのに、遺書は主人の筆跡で、これは書かされたなって直感しました。(p.77)
*******************

犯人像と狙いを推理する

活動家の尾行と写真の送付
➡身の危険を感じさせる脅し


・・目的は、明らかに「お前の行動は監視されているぞ」「このまま活動を続ければ、本人や子どもなどに危害を加えるぞ」ということをほのめかした脅迫であろう。・・自宅がどこにあるかを知り、これらの活動家を追跡する時間[ヒマ]と技術を持っている集団が関与していなければ不可能である。公安機関か、電力会社内などの住民運動担当の追尾作業という活動が、この嫌がらせの基盤にはあることがわかる。

違法行為の誇示
➡恐怖感を与える

 違法に入手された公的機関の内部文書、信書、JRの切符など、通常では絶対に手に入らないような物件を詰めて郵送してくる行為から考えられるのは、いやがらせを敢行している集団が、違法な行為をしていることを見せつけることが狙いだったのではないかということだ。彼らが法の取り締まりも受けない、超法規的存在であることを示し、原発反対運動を行っている者に、底知れぬ恐怖感を与えようとしたものと考えるしかないだろう。

世界各地から郵便物を送り付けてくる
➡勢力を誇示し、恐怖感を植え付ける

大変な費用と物量を要するオペレーションであるが、いやがらせを敢行している集団が世界的な広がりを持つ、巨大な集団であり、これに刃向かっても無駄であると思い知らせ、恐怖感を植え付け、運動からの離脱を狙ったものであろう。(p.p.25-26)

Saturday, April 15, 2017

佐藤栄佐久『知事抹殺』


Sato, E. (2009). Chiji massatsu: Tsukurareta fukushimaken oshoku jiken. Heibonsha.


われわれの国への不信は、まさに臨界点まで来た。経済産業省の中に、プルサーマルを推進する資源エネルギー庁と、安全を司る原子力安全・保安院が同居している。これまでわれわれは国に対し、“警官と泥棒が一緒になっている”ような、こうした体質を変えてくれと言い続けてきた。(p.86)

東電側から接触したいという意向は公式非公式に示されていたが、私は、あくまでも筋を通すために、それらを完全にシャットアウトした。
「・・それまで金の力で地方政治に強力な力を発揮してきた東電は、“メンツ丸つぶれ”だと感じた・・東電には、”佐藤栄佐久憎し”という感情が間違いなく渦巻いていました」(p.114)


私が逮捕される前後から、後援会幹部たちが連日東京地検に呼ばれていた・・・何でもいいから、私についての不利な証言を引き出したかったようだ・・・
東京地検に出頭すると、
「知事の悪口をひとつでいいから言ってくれ」
「15分以内に言え」
想像でいいから言え
会社をつぶされたくなかったら言え


・・・あまりのストレスに平衡感覚さえ失ってしまう支持者が何人も出たと聞いた・・・
杉山浩二君が自殺を図ったのは二度目の特捜部の聴取がある朝だった。そのことを山上検事から持ち出されたことは、私にとってひどく答えた。
賄賂は受け取っていない。法的にやましいことは何もない。しかし、道義的責任はある。(p.p.199-200)


私にとって支持者は命そのものだ。私が自白すれば、東京地検に呼び出されて怒鳴り上げられる支持者を救うことができる。山上検事にもそのようなことを耳打ちされて事実無根の自白をした私だったが、それはあまりにも無防備に過ぎた。
(p.p.240-241)


[弟の]裕二が一番こたえたのが、森本検事のこれらの言葉だったようだ。
「息子たちも証拠隠滅で逮捕する。福島県内ずたずたにしてやる」
「知事の支援者もやられるぞ。絞り上げるぞ」


・・[九月八日]森本検事はこんなことを言っている。
知事は日本にとってよろしくない。いずれは抹殺する」(p.p.303-304)

Saturday, April 8, 2017

『日本を脅かす! 原発の深い闇』

Nihon o obiyakasu genpatsu no fukai yami: Tōden seijika kanryō gakusha masukomi bunkajin no taizai. (2011). Tōkyō: Takarajimasha.

 関西電力高浜原発、プルサーマル反対派町長「暗殺指令」

「最初は、”なんとかあの町長、首にでけんか”といった程度のことやったんです。ところが、町長がいろいろ刃向ってきますやろ、そうなるとK[関電幹部]はどんどんエスカレートしよりまして、それが“町長、殺(や)れや”になっていきましたんや。」(原発警備会社の加藤)
「(町長暗殺の)指令は常に本気でしたわ。特に“[警備]犬を使うて殺れ”となってからは、本気も本気、原発内で会うたびに、“いつ殺るんや。はよ(早く)殺れや”と、こんな感じで性急になってきましたわ。目も坐ってましたわ・・」(同上、矢竹)
「(暗殺指令を)Kがやったことについて、そのようなことがあったと聞いています。それを踏まえたうえで、今後のことを考えます」(関電執行役員)
つまり関電役員も・・会社ぐるみの“指令”であることを認めたも同然である(その時に録ったテープが存在する)。
[2年後、両氏の不可解な逮捕事件の]公判では、[「町長暗殺」という無謀な要求]など一顧だにされなかった。
「そんなことには一切耳を貸さん。裁判では、裁判長はじめ、みんなそうでしたわ」(加藤)
 耳を貸してしまっては、困ってしまう人がいたのであろう。(p.p.116-117)


電力会社は警察の優良天下り先

抗議活動が終わり、中川さんがクルマに乗り込むと、現場で陣頭指揮していた青森県警察本部野辺地署の白取栢所長が、「そのクルマを止めろ!」と叫んだ。取材に来ていた報道陣が「どうするんですか?」と尋ねると、白取署長は「駐車違反で検挙する。反対派のクルマだから」と答えた。そもそも現場は核燃料サイクル施設の用地で、「道路」とはいえない。しかも、当時、中川さんのクルマ以外に、施設側の車両、パトカー、マスコミの記者のクルマが何台も駐車していた。

・・・翌朝、筆者のクルマのランプが片方、叩き割られていた。警察の仕業としか思えなかったが、単なる嫌がらせではなかった。
核燃料サイクル施設に反対している住民がクルマで集会へ向かうとき、いつの間にか割れていたランプ類を警察官に道路交通法違反とされ、足どめをくらった事例があった。

自動車雑誌には、「警察は電力会社の私兵なのか!」という見出しで記事が掲載された。雑誌発売後、一通の手紙が届いた。
《「警察は電力会社の私兵なのか!」とは、よくぞ言ってくれました。これは私たち地元のマスコミが言いたくても言えなかったことです。あいつら[腐敗警官たち]は毎晩電力会社に振る舞われる酒で、頭がパーになっているのです。》
あれから21年。警察と電力業界との関係は、何も変わっていない。(p.120)

Thursday, April 6, 2017

鎌仲ひとみ『六ケ所村ラプソディー』(Movie)

Kamanaka, H. (2008). Rokkashomura rapusodī

「核燃の反対運動をやってる人たちっていうのは・・あんまり理解されないんですよね。誰かから日当もらってやってるんじゃないかとか、赤とか、非国民とか、あと過激派とか(笑)。まじめに、あのう、警察からマークされたりしていたんですよね今もいるのかもしれないんですけど・・。そうじゃなくて、(核燃反対者は)ごく一般の人なんだということを知ってもらうためには、まず周りの人の目に見える形で生活していかないといけないだろうなって思いました。

 両親たちは[戦時中]すごく被害を受けたことばっかり言うけれども、でも、自分たちはその時、ただ戦争に協力してたとか、[反対もせず]何もしなかった。被害者だけじゃないんじゃないかっていうふうに思ったんですね。

 ・・今の放射能汚染っていうのは、戦争よりもっともっと地球規模の長い時間と広い範囲で汚染がずっと残るっていうことがわかってきて、戦争よりもっとずっと大人に責任があるんじゃないかって思うんですよね。・・故郷を・・チェルノブイリのようにしたくないなって思ったんですね。子供たちが帰ってこれないようなところにしたくないなって思って・・。」(六ケ所村・菊川さん)

**********************

 泊はかつて六ケ所村でも、もっとも核燃に反対する運動が盛り上がった地域でした。漁民たちが海域調査を許さない限り再処理工場を建設することができませんでした。

[1986年6月2日]この日、泊の港は機動隊によって封鎖されました。
坂井留吉船長:「何で俺たちに魚つらせないんだ!世の中狂ってるんでねえか?何で俺たちを船にのせねえのよ?俺は船長でえ!」(坂井船長を妨害する機動隊員に対し)「何しにこの村来たんだよ!・・命かけるぞ!」
 

 20年前[1986年、核燃施設建設を実力で強行する暴力装置として来た]機動隊に激しく抵抗していた坂井留吉さんです・・地元で仕事を探そうにも核燃に反対しているかぎり仕事がありません。息子や娘の就職のためにも、坂井さんといっしょに闘ってきた漁師たちは口をつぐんできました。それでも坂井さんは核燃反対をずっと貫いてきました。

結局、泊漁協はその後・・1億円余りを受け取ることで核燃サイクル計画を認めてしまいました。漁民たちの戦いはひとつひとつ権力とお金によって潰されていったのです


**********************

 健康調査では、セラフィールドの近隣では小児白血病の発症率が通常の10倍になっていることがわかっています

「80年代に息子が白血病になってからセラフィールドに関わっています。子供の白血病が多発したので健康問題に関心を持ちました。[病気の]子供たちの父親のほとんどがセラフィールド[核燃施設]の従業員でした。・・人々は何も起きないうちは喜んで施設を支持していても、がんや放射線由来の病気になると疑問に思いはじめるのです。核施設の労働者も同様です。[彼らは]放射線と関係が疑われるがんや脳内出血を患っています。健康な時は気にしませんが病気になって初めて疑問を持つのです。」(Janin, Sellafield セラフィールド・ジャニンさん)

*************************

 "We fished when I was a crewman in the early 70's and middle 70's. You would also hear the stories of the things that glow at night, and Mann..catches shell fish and prawns with two heads, mutant fish. They said, before, [they were]common, you know. (70年代、漁船の乗組員だった頃、海底が不気味に光っていると噂されていた。頭が二つあるエビだとか臭い貝とか奇形の魚が当たり前にいたんだ)"(Henry, Sellafield セラフィールド・ヘンリーさん)


Thursday, March 30, 2017

五井野正他『今, 知らなければいけない重大な真実を語るメジャーな人々』

Goino, T., Ikeda, S., Takizawa, T., & Masukawa, I. (2013). Ima shiranakereba ikenai jūdai na shinjitsu o kataru mejā na hitobito: Tōkyō hibiya kōkaidō deno kōen kara 1. Tōkyō: Hikarurando.

 ウクライナの日本大使館には、実は某宗教団体の外務省メンバーが赴任していたのである。(五井野正、p.52)
  ***************

 人類は原子力爆弾を1945年8月6日に広島に落として以来、2006回も核爆発をやっています。その結果、地球は放射能に汚染されました。これが熱圏を壊すのです。
・・彼らの勝手なコンピューターでシミュレーションしました。すると今、世界の人口は70億ですが、40年か50年後にはこの地上に10億人しか住むことができないと予測したのです。
 彼らはまさに「今だけ」、「自分だけ」、「おカネだけ」という世界の住人ですから、自分たちだけが生き残ろうとしています。自分たちと自分を支える10億人、これはすべて白人です。残りの60億は彼らにとって邪魔なだけです。
・・そういう仕掛けの中で我々は生きています。それをまず頭の中へ入れておいてください。(池田整治、p.p.182-185)


 [オッペンハイマーは]内部被曝のことをわかっていたのです。放射能のアルファ、ベータが世代を超えて人類を苦しめると。しかしながら、そういうことが表に出たら、未来永劫、原子力はいろいろなものに使えなくなります。だから彼はわかっていたのに、内部被曝はなかったことにしました。
 天然のビタミン、ミネラル、日本の得意な発酵食品などをしっかり食べることによっても放射能を消してくれることを彼は知っていました。彼は常にキレートを受けていたので、原爆症を発症しなかったのです。でも周りの研究者には教えなかったので障害者が出ました。(p.p.194-196)

 原爆を長崎と広島で使ったとき、すぐにアメリカが日本に来ました。・・プレスコードで報道してはならない項目として、情報によるマインドコントロールをしたのです。
 つまり原爆に関して、極東軍事裁判に関して、そしてアメリカが憲法をつくって日本に渡したことなどです。例えば米兵が日本の女性を凌辱しても絶対に知らせてはならなかったのです
 
  原子力爆弾[は]、死の灰を巻き上げ、死のキノコ雲が1万メートル以上上がりました。今回の福島は1000メートルですが、同じようなものです。それが風に乗って、雨も降ったりして私たちに落ちてきます。
  たまたまそこを通りかかった10歳の女の子に、後に悲劇が起こりました。少女の外見には被害がありませんでしたが、そこが放射能の恐ろしいところです。10年後に子供を産みましたが、赤ちゃんは“一つ目”、もちろん死産でした。・・お母さんには見せないで、「死産でした」と告げることで終わっています。
 しかしながら、その赤ちゃんは研究用にしっかりホルマリン漬けになっています。それを写真で見たことがあります。・・今回の福島の放射能漏れでは、それをなかったことにしようとしたのです。(p.197)

養老孟司『身体巡礼』

Yōrō, T. (2014). Shintai junrei: The European Burial Ritual doitsu ōsutoria chekohen. Tōkyō: Shinchōsha.

ウェブ時代には地球全体が北朝鮮になる可能性がある。その時にも「嘘が本当」になるはずである。その兆候はポチポチ見えているような気がする。(p.130)

 私は欧米人が平気で「真っ赤な嘘」をつくことに、若いうちは真剣に腹を立てていた。でもいまではそれが文化の一面だと理解するようになった。・・・ヒットラーを思えばわかるであろう。詳細のすべてを「事実」でガチガチに固めた嘘を科学という。(p.131)

Thursday, March 9, 2017

Davis,『パブロフの犬: 実験でたどる心理学の歴史』

Hart-Davis, A., & Yamazaki, M. (2016). Paburofu no inu: Jikken de tadoru shinrigaku no rekishi. Sogensha.

アルバート坊や、どうしたの?

人間を対象とした古典的条件づけの研究

 ワトソンらは、動物、とくに白いラットに対する恐怖感を条件づけできるかの実験を開始します。
・・・アルバートにラットを見せて鉄の棒を叩くというプロセスをさらに3回繰り返しました。その後、アルバートはラットを見ただけでしくしく泣くようになります。


・・・アルバートのラットへの恐怖感が毛皮を持つ他の動物にまで拡大し、たとえばウサギを見ただけで怖がるのかを確認したいと考えます。ウサギを見たアルバートは、ウサギからできるだけ遠ざかり泣き出しました。犬を見たときは、ウサギのときほど取り乱しませんでしたが、再び泣き出します。アルバートは綿を丸めたものさえ嫌がりました。


 この実験は当時であっても物議をかもす実験と見なされ、現在に至るまで結論の正当性と倫理面の両方で激しい批判の対象になってきました。・・また当時、アルバートの母親が実験に正式に同意していたか疑問が残ります。(p.p.28-30)

どこまでやるの?

ミルグラム実験

ミルグラムは、ボランティアの被験者がどこまで権威に服従するかを調べることにしました。ミルグラムはC・P・スノーが1961年に述べた「反乱の名のもとに行われる犯罪よりもひどい犯罪が、服従の名のもとに行われてきた」という言葉に触発されました。またミルグラムは、第二次世界大戦中とそれ以前に、数百万人の罪なき人々が、命令によって強制収容所のガス室で虐殺されたこともよく知っていました。(p.78)

[生徒役の人間に電流を流すよう命令された40人の被験者のうち]300ボルト以下で実験を拒否した「教師[役の被験者]」はおらず、少なくとも26人の「教師」が、[致死量だと教えられている]最大450ボルトに達するまで実験を続けたのです。(p.80)

善人は悪人になれるのか?

状況が行動に与える影響とスタンフォード監獄実験

模擬監獄を作る
囚人がトイレに行きたい場合は、看守から許可を受け、目隠しをされて廊下を歩かなければなりません。部屋は盗聴されており、ビデオ撮影用の穴も設けられていました。

屈辱
・・ジンバルドーは、[現実の刑務所]同様の屈辱感を与える方法を考えたのです。・・ストッキングのキャップはその代用でした。鎖を足首に着けたのは、抑圧的な環境にいることを思い知らせると同時に、夜間の睡眠を少しでも妨げるためです。

囚人の反抗
 看守たちは刑務所内のコントロールを取り戻すため、心理的な戦いを挑みます。他の囚人が見ている前で、犯行に最も消極的だった3人の囚人をベッドのある部屋に移し、上等な食事を与えたのです。これ[Divide & Conquer]により他の囚人たちのフラストレーションと怒りは看守ではなく同じ囚人に向くようになりました。 ・・日が経つにつれ、看守は次第に残酷でサディスティックになり、特に夜間の勤務で、囚人以外に目撃者がいないと見なすと、そのような傾向が強く出ました。


本当に自分をコントロールできているのか?

[実験結果から]脳は、被験者が[手首を動かす]行為を行おうと「決定する」よりも、およそ3分の1秒先行して活動を始めていることになります。

「・・・この推測が正しいとすれば、人間が自分の意志通りに行動を開始し、自発的行為のすべてをコントロールしている可能性が減じられる・・」(研究者・リベット他)

リベットは1985年に、さらなる実験結果を報告します。この実験では被験者に、行為をしようと決意した後で、その行為を中止してもらいました・・被験者は、行為を中止するだけの時間的余裕は持っており、そのため行為を中止できたのです。

「・・この考察では、無意識のうちに開始された行為の最終段階で自制心が用いられていると考えられる。・・モーセの十戒に代表される倫理規定の多くは、しなさいと指示するものではなく、してはならないという禁止の規定なのである」(同上)

精神科医はあなたが正常かどうかを見極められるのか?

ローゼンハンの実験と「狂気の場で正常であることについて」

 ローゼンハンは8人の完全に正気な協力者を勧誘し、アメリカ合衆国各地の精神病院を受診してもらったのです。
・・病院に伝えた[虚偽の]症状は、声が聞こえるということだけでした。・・入院できるか心配されていましたが、偽患者全員に直ちに入院許可が下りました。


・・偽患者は正気であることを露呈していましたが、嘘を察知されることはありませんでした。1人は躁うつ病だと診断され、残りの偽患者は統合失調症だと診断されています。
偽患者はスタッフには気づかれなかったものの、他の患者には見抜かれていました。・・他の患者から「あんたは狂ってないね。ジャーナリストか教授だろう。病院を検査しているわけだ」といった声をかけられています。


「入院期間中に偽患者が正気だと[医者は]見抜けなかったということは、医師には・・患者を健康だと取り違えるよりも、健康な人を病気だと誤診しやすいという傾向があると思われる(ローゼンハン)」[註:ただしこの実験後、今度は本物の患者を送り込む実験をした結果、医師は患者を健康だとする誤診をしたため、結局、医師は正確に精神病を診断できないことがあきらかになっている]

「『統合失調症』『躁うつ病』『狂気』というレッテルを患者に貼り、これらの言葉によって本質を理解したかのように装い続けている。実際には、診断が役に立たず信頼できない場合が多いことは古くから認識されてきたにもかかわらず、その診断を使い続けているのである。今、我々は正気の中から狂気を見分けるのが不可能だと思い知ったのである」(同上)(p.p.113-115)

武藤清栄『介護職の人間関係』

メンタルをちょっと変えればうまくいく! : 現役介護職の実際の体験談から読み解く : 介護職の人にありがちな人間関係のストレス、悩みを心の専門家が解決!
Muto, S., & Kaigo no ningen kankei kenkyukai. (2015). Kaigoshoku no ningen kankei: Mentaru o chotto kaereba umaku iku : Gen'eki kaigoshoku no jissai no taikendan kara yomitoku : Kaigoshoku no hito ni arigachi na ningen kankei no sutoresu nayami o kokoro no senmonka ga kaiketsu. Seibundoshinkosha.

モラハラの加害者は、自分を正当化しようとして相手の人格を継続的に傷つけます。自己愛に満ちている人が加害者になりやすいと言われており、本当は自分の責任なのに相手に転化する、つまり投影してしまう傾向があります。
そして、自分を正当化するためには、「傷つけられても仕方がないダメな人だ」という認識を、被害者や周囲に思い込ませようとします。

・・モラハラの被害者になってしまったとき、「悪いのは自分かもしれない」と思わないことが大切です。
そして(会議や宴会の日時を教えないなどの嫌がらせに対して)じっと我慢するのではなく、「私は、連絡がなくて困ってしまった」など、そのときに生じた自分の気持ちを、「私は」を主語にして素直に伝えるようにしましょう。あまり深く考えず、さらりと伝えればいいのです。伝えることで、もんもんとしていた自分の気持ちが少し楽になりますし、続けるうちに相手の中に「自己主張をする人だ」という認識が高まって、モラハラの対象ではなくなる可能性もあります。

また、自己愛性格の人がモラハラ的な言動をやめる方向に向かうには、「自己愛にそれほどこだわらなくても、自分の尊厳は傷つかない」と気づくことです。(p.p.69-70)

Fulford,『図解「闇の支配者」頂上決戦』

Fulford, B. (2011). Zukai yami no shihaisha chojo kessen. Fusosha.

3月11日、東北地方を襲った大震災の結果、多くの善良な人々が家族と悲しい別れを体験し、いまだ家に戻れない人もいる。
チェルノブイリ以上とも言われる原子力発電所の事故によって、故郷を奪われた人もいる。流出した放射性物質の恐怖に怯える人もいる。そして、その結果、日本人同士での対立や、無用な差別さえ起きているのだ・・・。
本来ならともに手をとって“真の敵”と戦わねばならないときに、日本人同士でいがみあってしまうのは、まさに“真の敵”の術中にハマっていることに他ならないのだ。
実はいま、この“真の敵”—―私が以前から主張している“闇の支配者”である—―たちもまた、内部で派閥による内部抗争が起き、熾烈な足の引っ張り合いが起きている。
・・日本で起きた東日本大震災も、闇の支配者たちの原子力利権派と石油利権派の頂上決戦なのである。
彼らは余りある富を手にし、最新の技術を持ち、強力な権力を持っている。しかし、己の欲に溺れ、自らの首を絞めつつあるのだ。(p.p.2-3)

かつては盛んに報道されていた人工地震!


地震兵器は“愚者の妄想”のように思われているが、1970年代頃までは朝日や読売が普通に取り上げていた。(p.13)

レディ・ガガ  奇抜な格好でイルミナティの思想を宣伝する操り人形

彼女のPVや曲、衣装やメイクに仕込まれたイルミナティのサブリミナルメッセージを大衆が「スターたりえる奇抜なセンス」と勘違いし、知らぬ間に洗脳されているのだ。(p.p.20-21)

東日本大震災

住宅建設業「東日本ハウス」の株価が震災1か月程前から不自然に値上がりし、震災数日前には急騰していた。また、韓国では同じく1ヶ月程前から、被曝治療薬をカナダから大量輸入していたなど、[人工地震の状況証拠は]枚挙にいとまがない。(p.63)

福島第一原発事故

 「今(事故当時)から4か月前に、アメリカの意向により否応なしに福島第一原発の3号機にプルトニウムが入れられた」という福島県知事の証言もあり、だいぶ前から仕込みが行われた事がわかる。また、地震兵器で用いた核爆弾から飛散した放射線物質を隠蔽するために仕組まれた事故でもあった。原子炉内のの汚染水を近隣諸国の承認を得る前に急いで海に放出したのも、そのためである。(p.64)。

Sunday, January 22, 2017

玄秀盛, 中下大樹『何があっても生きる』

Gen, H., & Nakashita, D. (2013). Nani ga attemo ikiru: Koritsu hinkon jishi no rensa o tatsu. Koseishuppansha.

中下 ― 例えば同じ町でも、道路一本を挟んでこちら側は東電からお金が出ているけれども、向こう側は出ていないとか。放射線量が場所によってどれだけ高いとか。警戒区域とされる“半径”の中なのか外なのか。そんな不合理な線引きの結果、同じ町の中でも分断が起こるわけです。
水俣訴訟の時でもそうだったと思うのですが、同じ町民同士が対立を起こしたり憎しみを抱いてしまうのは、お金が絡んでいるからです。「うちは賠償ゼロなのに、なんであの家は〇〇万円も出るのか」ということで対立が始まる。でもよく考えたら同じ町に住んでいて、同じような被害を受けているわけです。本来ならば団結して、東電や国に対して賠償を訴えなければいけないのに、目の前の町民同士でいがみあってしまう。それは国とか東電からすると「してやったり」の状況なんですよ
― 一つになれたらこんなに強いことないけどなぁ。それこそ、東電や国の「してやったり」というのもわかるよな。

(p.p.22-23)